物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

[速報] アルゼンチン対ナイジェリア 感想まとめ

 
アルゼンチン ワールドカップ
スポンサーリンク

ロシアワールドカップグループリーグ最終戦

アルゼンチン 対 ナイジェリア

 

試合はメッシがようやく初ゴールをあげ、2ー1でアルゼンチンが勝利!

アルゼンチンは敗退も危ぶまれていましたが、なんとか2位で決勝トーナメントに進出しました!

そんなアルゼンチン 対 ナイジェリア試合の感想をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

アルゼンチンは勝たなければグループリーグ敗退

 

初戦のアイスランド戦ではPKを失敗し、

2戦目のクロアチア戦でもノーゴールに終わったメッシ。

”戦術メッシ”のメッシに依存しすぎたアルゼンチンはなかなかよい試合ができず、

クロアチアに3−0で敗れ、2試合で勝ち点1。

グループリーグ敗退の危機が危ぶまれる状況でした。

 

スポンサーリンク

前半開始早々にメッシがようやく今大会初ゴール!

 

前半14分にようやく メッシに待望の今大会初ゴール が生まれました!

裏に抜け出したメッシにバネガが絶妙のパスを供給。

スピードに乗ったまま、腿でトラップしボールが落ちる前に左足でボールを前に持ち出し、

右足でシュート。

一連のプレーに全くムダがなく、スピードに乗ったままあのゴールを決められるのは、

さすがとしか言いようがありません!

このシーンでは、

バネガが良い状態で前を向き、顔を上げた瞬間にメッシは裏に抜け出す動きを開始しています。

絶妙なタイミングでの動き出しと、絶妙なパスからの絶妙なコントロールとシュート。

まさに素晴らしいゴールだったと思います!

 

アイスランド戦、クロアチア戦ともに足元でボールをもらうシーンばかりで、裏に抜け出すプレーがありませんでした。

アルゼンチンもバネガ、ディマリアなどよいパスやクロスを供給できる選手がいるだけに、

メッシがこのような動き出しもできれば、強力な攻撃のオプションになるでしょう。

 

スポンサーリンク

不運なPK判定により同点

 

1−0でリードしていたアルゼンチンでしたが、後半開始早々にPKを取られ、

ナイジェリアがPKを決め、同点となりました。

マスチェラーノが相手を押さえ込だプレーでしたが、

抑えられていた相手選手もボールには関与しそうになかったため、微妙な判定だったと思います。

 

スポンサーリンク

後半41分の決勝弾!

 

同点のまま試合が終わればアルゼンチンはグループリーグ敗退。

そんな雰囲気もあった中、

後半41分に、右サイドからのクロスにディフェンダーのロホが右足インサイドで合わせて決勝弾を叩き込みました!

まさにロホの気持ちの入ったゴールでした!

 

スポンサーリンク

感想まとめ

 

何より、メッシがノーゴールのままグループリーグで去ってしまうのではないかと心配していた

多くのサッカーファン、メッシファンにとっては、安心と歓喜をもたらすゴールだったのではないでしょうか?

 

アルゼンチンは、メッシの抜け出しやディマリアの抜け出しなど、積極的なプレーが所々でありました。

また、メッシのフリーキックがゴールポストを叩くシーンもあり、これまでの2試合に比べ、

メッシにゴールが期待できるようになってきました。

特に初戦のアイスランド戦のように、相手にブロックを作って守られるとなかなか崩すのが難しいですが、

オープンな状況になれば、アルゼンチンの個々のクオリティが生きてきます。

 

また、両サイドからのクロスからのシュートもあり、攻撃のバリエーションも増えてきました。

この試合ではクロスからの決定的なシュートをイグアインが外していましたが、

イグアイン、アグエロといったストライカーがこれらのチャンスをものにできれば、

上位進出も見えてくると思います。

また、メッシの後継者ともいわれるディバラの活躍もぜひみたいですね。

 

個々のクオリティでは優勝を狙えるレベルであるだけに、

多彩な攻撃が見られることを次の試合でも期待したいと思います。

 

決勝トーナメントの相手はフランス!

 

フランスがボールを支配する試合展開になれば、

アルゼンチンは奪ってからの速攻がチャンスの鍵になるかもしれません。

そして何より、メッシの活躍・ゴールに期待したいですね!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.