物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

橋詰功の評判や経歴・実績は?日大アメフト部新監督の正体を探る!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

日大アメフト部 内田前監督の後任として、新監督の橋詰功氏(55)が正式発表されました。

日大アメリカンフットボール部の悪質タックル問題で、秋のリーグ戦参加を認められず、プレーする機会がなくなった4年生の大半が退部する意向であるとのことなのですが、今後どのように進展していくのでしょうか!?

新監督の橋詰功氏の経歴や実績なども紹介していきます!

スポンサーリンク

就任のコメント

反則の指示を認定され、関東学生連盟から事実上の永久追放に相当する除名処分を受けた内田正人前監督の後任として、公募に応じた69人の中から外部有識者による選考委員会に選定され、7月に就任が内定していました。

7日に選手とのミーティングや会見を行い、

「選手には一緒に頑張っていこうという気持ちを伝えてきた。熱心に聞いてくれ、気持ちは伝わってきた」

「個々の考えは尊重するけど、新チームの礎を作る役割がある。(将来の)自分たちのためという考え方で練習に参加してもいいんじゃないか」

「責任は重大だと感じている。本当に一から、新しいものを選手と一緒につくっていけたらいい。今までの歴史、伝統の中から必要なもの、必要じゃないものは何かを、じっくり話しながら考えていきたい」

「日本一強いだけでなく、日本一にふさわしいチームを作る」

 

など、会見で抱負を語っています。

 

スポンサーリンク

新監督橋詰功氏の経歴は!?

橋詰氏は立命館大学出身。

94年からWR(ワイドレシーバー)コーチとなり、全米王者になったオクラホマ大に留学。

その後立命館大学の攻撃コーディネーターとして、2003年、2004年のライスボウルで日本一連覇に貢献。

2008年からは立命館宇治、14年から立命館守山のコーチを務めていたようです。

 

今集められる情報はこのような感じです。

 

スポンサーリンク

新監督就任に対する世間の反応は!?

 

アメフトタックル問題では、内田監督のみならず、田中理事長や日大の対応に多くの批判が集まりました。

その中での新監督就任となると、再建に向けて大きな期待がかかるところですが、世間の方はどのように感じているのでしょうか!?

 

まず最も多い反応が、俳優の橋爪功さんと混同しているものでした。

 


たしかに、最初私もちょっと混乱しました。

 

就任に対する意見としては、

 

 

日大はリーグ戦には参加できない状況で、今後に向けてはどのように再建が進んでいくのでしょうか!?

一方で大学自体の組織は変わっておらず、果たして新監督就任という人事だけでよい方向に進むのかどうかも今後の注目点だと思います。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.