物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

本田圭佑カンボジア代表監督就任のコメント・感想を厳選してみた!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

本田圭佑がカンボジア代表監督就任という驚きのニュースがありましたね。

記者会見でのコメントやネットやSNSでのコメント・感想をまとめていきます。

スポンサーリンク

本田圭佑監督記者会見でのコメント

 

「みなさん。こんにちは。会長、副会長、みなさん、このような場を用意していただきありがとうございます。先日、メルボルン・ビクトリーFC というチームと新しい契約を結んだばかりで現役サッカー選手は続けます。そんな中でカンボジアサッカー連盟に「現役を続けながらカンボジア代表監督をやることは可能か」と質問したところ、「本気で言っているならオファーをする」と言っていただき、この場に至りました。こういったかたちの契約は世界どこをみてもはじめての契約だと思います。そういった普通ではないやり方を受け入れたことに感謝しています」

「私にとってはじめての監督業になります。実際にはメルボルンでプレーするので、すべての試合に関われない可能性がありますが、可能か限りでカンボジアのサッカーに関わっていきたい。ミッションがふたつあります。ひとつは、カンボジアサッカー連盟、各チーム、育成年代のすべてが同じサッカースタイルをつくること。つまり、カンボジアのサッカーのスタイルを確立すること。それがミッションのひとつです。これは日本でもすごく苦労していることです。目指すものがバラバラだと、みんなが違う方向に向かって、強いサッカーチームができあがりません。サッカーというのは今日、明日では強くならないので、しっかり目標を掲げ、そこにみんなが我慢しがら一緒になって進んでいくことを今回のミッションのひとつとして掲げます」

「ふたつめは、サッカーを強くするだけではなく、サッカー以外のカンボジアの素晴らしいところを世界に伝えていくことも私の使命だと思っています。何度もカンボジアに足を運んでいて、カンボジアの素晴らしいところをいくつも目にしてきました。文化、世界遺産、農業、そういったところを世界にアピールをしてくつもりでいます。さらに、一番の特徴であるカンボジア人のまじめなところ。日本人と共通する部分でもあると思うが、そこをアピールしていきたい。もう一度繰り返しますが、ひとつはサッカーのスタイルを確立すること。ふたつめは、サッカー以外のカンボジアの魅力を世界にアピールすることです」

 

スポンサーリンク

ネットやSNSでのコメント

 

現役選手が他国の代表監督ってそんなん可能なのか

 

ここまでの行動力ってほんとすごい。

 

やっぱこの人普通じゃない(笑)でも応援します。

 

すごいけど意味分からない

 

 

選手としてプレーに集中しづらくなる部分や、パフォーマンスに影響する懸念も考えられますので、賛否は様々かとは思いますが、やはりこのような事を考える発想と行動力は凄いですよね。

思うようなプレーができないと、監督兼任がバッシングの対象になることも十分に考えられると思います。

 

現役選手である以上は、まずパフォーマンスに期待したいと思います。

そして今までの常識では考えられなかった、選手と代表監督の両立を頑張って欲しいと思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.