物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

神戸対ベルマーレ湘南戦感想 イニエスタJリーグデビュー戦評価は!?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

ついに、イニエスタが7/22湘南ベルマーレ戦でJリーグデビューを果たしました。

試合は3-0で敗れましたが、後半14分に途中出場し、ボールを持つ度に大歓声を浴びました。

この試合のイニエスタのプレーや試合に敗れたヴィッセル神戸についての感想を書いていきます。

スポンサーリンク

 

デビュー戦でのイニエスタらしさは!?

イニエスタの魅力といえば、魔法のようなテクニック。

軽やかなステップやダブルタッチでのドリブル突破、絶妙なスルーパスなど、イニエスタの魔法のようなプレーはデビュー戦で見られたのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

この試合のいくつかのプレーを紹介!

 

周囲との連携が十分でない中で、このスルーパスはさすがですね。

このようなパスは当たり前に出せる選手なので、前線の選手はイニエスタに入るタイミングで、スペースを作る選手と裏を狙う選手など、連携しながら裏を狙う動きを意識していけば、決定的なチャンスは作り出せるはずです。

 

このワンツーでの侵入やドリブルのシーンはイニエスタらしいプレーですね。

ファーストタッチで相手をはずすコントロールはさすがです。

仕掛けながらワンツーを狙うタイミングもばっちりなのですが、ワンツーのリターンがイニエスタのスピードを止めてしまっています。

このあたりの連携が合ってくると、更にイニエスタの力が発揮されてくるのですが、練習での連携と周囲の選手のプレーの質が今後の課題だと思います。

ポドルスキの復帰が待ち遠しいですね...

 

スポンサーリンク

イニエスタデビュー戦感想

イニエスタのデビューは神戸にとっても非常に喜ばしいことですが、3-0での敗戦はさすがにきつい...

同様のツイートがたくさんありました。

イニエスタ本人も試合後に「次はもっと良いプレーができると確信している」と語っていました。

ドリブル突破、周囲とのパス交換からリズムを作り、スルーパスやワンツーでの侵入など、次戦以降も多彩なプレーを見せてくれると思います。

バルサ時代はチャビやブスケッツ、メッシらとの連携がイニエスタの魔法のようなプレーを引き出していた部分もあり、湘南戦では周囲のプレーが気になりました。

ベストメンバーではないといえ、イニエスタ一人ではどうにもならないので、三田、ポドルスキらケガ人の復帰が待ち遠しいです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.