物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

ワールドカップ第2戦 日本対セネガル戦2−2ドロー 感想

2018/06/29
 
セネガル戦
この記事を書いている人 - WRITER -

ワールドカップ第2戦 コロンビア戦同様のスタメンでセネガル戦に挑んだ日本ですが、

結果は2−2の引き分け。

セネガルに2度勝ち越されましたが、前半の乾の同点ゴール、そして後半の本田の同点ゴールで追いつきました!

勝つチャンスもあっただけに悔しさもありますが、2戦で勝ち点4を獲得し、

グループリーグで首位にたちました!

そんなセネガル戦の感想をまとめました。

 

スポンサーリンク

 

勝つチャンスもあった試合

 

前半から両サイドを起点にセネガルにチャンスも作られましたが、

日本も前半からサイドバックの長友の積極的なオーバーラップも見られ、

積極的な戦いができていたと思います。

 

開始早々の失点

前半11分のセネガルの先制点は、ゴールキーパー川島のパンチングミスが失点につながり、

非常にもったいないシーンだったと思います。

これ以降の戦いにおいて、このようなミスは間違いなく命取りになります。

 

また、これは結果論ですが、

相手右サイドからのクロスに対し、原口のヘディングをクリアを拾われました。

原口はゴールラインを向いていたため、クリアする先に相手がいるのかどうかは見えない状況です。

このような場合はリスクを取らずにゴールラインに逃げる(=コーナキック)という選択肢もあったと思います。

このような部分はゴールキーパの川島や周りの選手の声掛けが非常に重要となりますので、

川島選手のコーチングに期待したいと思います。

 

また、ワールドカップ開幕前からも、川島のミスによる失点もあり、

ゴールキーパーは誰になるのか注目されていました。

川島は経験のわりに、致命的なミスをすることがあり、ゴールキーパーは最も安定感が求められるポジションであるだけに、

常に不安がつきまといます。

ただし、ハリルジャパンから、川島を使い続けてきただけに、中村などのキーパーとディフェンスラインとの連携構築は時間が限られていることもあり、ディエンスラインとの関係や経験値を考えると、やはり川島がファーストチョイスになるのでしょうか?

この流れでゴールキーパーを替えるということはさすがにないと思いますので、

とにかくディフェンスの選手と常に声をかけあい、シュートを打たせない様にコーチングを

頑張ってもらいたいと思います。

 

この試合で半端なかったのは!?

セネガル戦では、香川、大迫、1ゴールをあげた乾、同点ゴールの本田、積極的に攻め上がった長友、

インタセプトなどよい守備とフィードを見せた吉田、タフに守りきった昌子など、

多くの選手が活躍していたと思います。

 

そんな中でも私は柴崎選手の活躍が目に留まりました!

柴崎

セネガル戦では、柴崎が所々でよいボールを供給できていたと思います。

コロンビア戦同様、柴崎選手にボールが収まることで日本は落ち着きをもたらし、

柴崎選手からの供給が日本のチャンスにつながっていました。

中でも前半、ワンタッチで大迫にあげたクロスは決定的でした!

大迫が空振ったのでゴールとはなりませんでしたが、このような決定的なシーンをポーランド戦でも積極的に作り出して欲しいと思います。

 

また、柴崎はクラブワールドカップでレアル・マドリー相手に2ゴールをあげたり、

リーガエスパニョーラでは、バルセロナ相手に素晴らしいボレーシュートを決めたりと、

ミドルシュートなどでの得点感覚も持っています。

 

もっと高い位置に出て来るシーンや香川選手と近い距離感でプレーするシーンが増えてくると、

日本の攻撃はより面白く、相手にとっては脅威となるではないかと思います。

危険なシーンを幾度か摘み取っており、攻守で欠かせない存在となっていました!

 

運動量的にも厳しい状況ではあったと思いますが、柴崎が動けなくなったら、交代選手には大島もいます。

リードする展開になれば山口もよいでしょう。

 

今大会は西野監督の采配も的中していますので、動けなくなったら交代するつもりで、やりきってほしいと思います。

 

勝ち切るための課題は!?

 

セネガル戦は解説の都並さんや城さんも言っていたとおり、勝てる試合ではあったと思います。

コロンビア戦に比べ、相手の守備のバランスが悪く、もっと多くのチャンスを作れる試合ではあったと思っています。

 

カギとなるのは

・香川や柴崎がいかに高い位置で良い状態でボールを受けるか(=前を向いてボールを受けれるか)

・両サイドバックの攻撃参加からの崩し

と思っています。

 

セネガル戦はボールを回す時間は多かったのですが、香川や柴崎が高い位置で前を向いてボールを受けるシーンは少なかったと思います。

ボールを回している中で、攻撃のスイッチ(=縦パス)を狙っていますが、そのタイミングがグループで共有できるようになれば、

縦パスに対してワンタッチで受けられる様になり、前を向いてゴール前に侵入できるシーンはもっと出てくるのではないでしょうか?

 

また、両サイドバックの長友、酒井のタイミングのよい攻め上がりから、サイドで数的優位を作ることができれば、サイドを崩すことができるはず。

私としては、途中で原口に替え、武藤も見てみたいところです。

このあたりも西野監督の采配に期待したいと思います。

 

▼第2戦コロンビア対ポーランド戦のレビュー・感想はこちら

コロンビア復活! コロンビア 対 ポーランド 感想・レビュー

コロンビア対セネガル結果速報

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.