読むと思わず誰かに話したくなるネタをお届けします

映画「この世界の片隅に」すずと周作の最初の出会いはいつ?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

映画「この世界の片隅に」についての疑問について、見ていこうと思います。

 

主人公のすずが周作の家に嫁いだ初夜、「あのう、うちらどこかで先に会いましたか?」とすずが周作に聞くと、

 

「会うたで、あんた覚えとらんか?」と周作が答えます。

 

 

そこからいい雰囲気になっていく初夜のシーンですが、最初にすずと周作はどこで会ったか覚えてますか?

 

かくいう私も、もう一度見返すまではすっかりピンとこなかったので、同じような方のために分かったことを紹介していきますね!

スポンサーリンク

映画「この世界の片隅に」初夜の傘の話の意味は?

 

初夜のすずと周作のやり取りを見ていると、すずは初々しくて色っぽい感じでしたが、周作の落ち着きが妙に気になりましたw

 

初夜の2人のやり取りの中では、傘の話も疑問に感じた方も多かったんじゃないでしょうか?

 

おばあちゃんに教わったくだりも、最初は何のことかわかりませんでしたが、そういうことですね☆

 

傘の話については、映画「この世界の片隅に」初夜の傘の話の意味や理由は?で詳しく紹介しているので、読んでみてください。

 

スポンサーリンク

映画「この世界の片隅に」すずと周作が出会ったのはいつ?

 

「あのう、うちらどこかで先に会いましたか?」とすずが話しかけると、

 

「会うたで、あんた覚えとらんか?」と周作が答えます。

 

わたしも完全に覚えていませんでしたが、もう一度見返してやっとわかりました!

 

最初の8年12月

オープニングで獣に背負われているシーンがありましたね?

 

獣が背負っているかごのなかに落ちて、男の子が出てきますね!

 

 

これが周作ですね!

 

「あんがとな!うらのすず」と言ってその時はそのまま別れます。

 

 

そして、10年後の18年12月に周作のところに嫁に行くことになります。

 

スポンサーリンク

映画「この世界の片隅に」周作はすずのことが好きだった?

 

10年後の18年12月にすずを嫁にしたいという人が出てきます。

 

そして、その人に会いに行くと周作だったというわけですね。

 

周作はすずのことを覚えていて、すずは覚えていません。

 

 

周作は10年前のことを鮮明に覚えていましたよね?

 

 

すずの名前も覚えていましたから、その記憶があってすずをお嫁さんにしようと思ったんでしょうね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

すずが周作の嫁に行った際のやりとりで、「昔会ったことがある」というところが最初観ていたときは思い出せませんでしたが、10年前の獣に背負われたかごの中ですずと周作は会っていたことを思い出しました。

 

 

初夜の傘の話も疑問に感じた方も多かったのではないかと思います。

映画「この世界の片隅に」初夜の傘の話の意味や理由は?で紹介しているので、合わせて読んでみてください☆

 

 

すずのキャラクターものんさんの声が素敵でしたね。

 

かわいくてときどき色っぽい表情もあって印象的でした☆

 

のんさんについては、のん(能年玲奈)の現在!テレビドラマやCMへの出演は?で詳しく書いていますのでこちらも読んでみてくださいね☆

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2019 All Rights Reserved.