物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

日大チアリーディング部監督は誰?名前は?パワハラ問題の処分は?

 
スポンサーリンク

現在テレビドラマでも「チア☆ダン」が放送され、話題となっているチアダンス。

 

そんなチアダンスなのですが、日本大応援リーダー部(競技チアリーディング)の女性監督が女子部員にパワハラをしたと、日大学内の人権救済機関に認定されたようです。

その問題なのですが、運動部を統括し、アメリカンフットボール部の内田正人前監督が事務局長だった保健体育審議会(保体審)に解決を求めたが対応しなかったとのことで、学内の人権救済機関に相談した、とのことなのです。

アメフトのタックル問題に続き、日大のパワハラ体質とガバナンス(組織統治)の欠如が再び露呈してしまいましたね。

 

監督の名前やパワハラの内容について調べていきますので、最後までお付き合い下さい。

スポンサーリンク

日大チアリーディング部パワハラの内容は!?

 

それではさっそく、パワハラの内容をまとめていきます。

毎日新聞の報道をまとめました。

「こいつが何をしたか知っている?」。

2月5日、監督は練習前に集合した全部員の前で女子部員の名前を挙げて切り出し「大雪の日に学部の事務員に頼んで私に電話をかけさせて練習をなくそうとした」「事務の中では顔が白くてうるさい子といったらお前だって有名なんだよ」と強い口調で重ねた。関係者はその様子を「公開処刑みたいだった」と部員の家族に説明。

実際には雪の中、キャンパスから離れた練習場所に向かおうとした部員を事務員が心配し、監督に練習の有無を確認しただけだったという。

 

部員が強豪である出身高校のジャージーをはいていたことを見とがめ「学校の恥。今すぐ脱げ」と怒ったほか、けがからの復帰が遅れているのをうそだと疑い大会に出場させようとした。他の部員からも責められて自殺を考えるほど追い詰められ、大学に通えなくなった。

 

けがからの復帰が遅れていた部員は叱責された日、リハビリを続けたいと監督に相談した。

「ただのばかだと思っていたけど、ずる賢いばかは嫌い。証明できるものを見せなさい。診断も本当か分からないから同期と一緒に受診して同期から説明させなさい」。うそをついていると決めつけられた。

などといった内容のようです。

 

 

スポンサーリンク

日大チアリーディング部の監督は誰!?

 

チアリーディング部の女性監督は、2011年ごろまで同部選手だったOGで15年度に就任したようですが、今のところ名前は公表されていません。

日大チアリーディング部の公式ホームページも検索してみましたが、現在アクセスできない状態となっています。

ちなみに、監督は今も指導を続けているようです。

 

スポンサーリンク

女性監督の処分が决定!

 

パワハラ問題がニュースで報じられた8月9月、女性監督の処分が決まり、解任が発表されました。

アメフトタックル問題の一連の流れからすると、今回は予想よりは素早い対応のようにも感じられます。

後任は誰になるのでしょうか?

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.