物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

自然派ワイン好きおすすめ、小川ワイン祭2018

 
この記事を書いている人 - WRITER -

自然派ワイン好きにおすすめのイベントを紹介します!

小川ワイン祭2018 開催日程

2018.4.28,29

埼玉伝統工芸会館
(道の駅おがわまち併設)

10:00~16:00
入場無料

有機農業の里である、埼玉県比企郡小川町にある、武蔵ワイナリーが主催するワイン祭り

武蔵ワイナリーは完全無農薬のブドウ栽培、自然派ワイン造りを行っています。

このイベントには、武蔵ワイナリーの他に、全国から10のワイナリーが集結。
低農薬、無農薬のぶどう栽培、自然派ワイン造りを行うワイナリーが出店しています。

[出店ワイナリー一覧]

武蔵ワイナリー  (埼玉)

タケダワイナリー(山形)

Grape Republic  (山形)

Fattoria AL FIORE  (宮城)

Cfa バックヤードワイナリー  (栃木)

東京ワイナリー  (東京)

奥野田葡萄酒醸造  (山梨)

くらむぼんワイン  (山梨)

三養醸造  (山梨)

ヒトミワイナリー  (滋賀)

やまふじブドウ園  (富山)

そのほか、フードメニューも様々あり、2日間で28のお店が出店。

28日は夜の懇親会(16時半〜20時)もあり、主催者、スタッフ、お客様が参加できます。
参加費2,000円

ところで、、、自然派ワインって何?

という方に、自然派ワインとはどんなものなのか、説明したいと思います。

自然派ワインはヴァンナチュールや、ビオワイン、とも言われています。

“化学肥料、化学合成農薬、除草剤を使わないブドウで作られ、天然の酵母 で自然発酵したSO2(亜硫酸塩=酸化防止剤)を極力使わないワインのこと。

本来、SO2は酸化を防ぎ、酵母の活動を抑制するために使われるが、自然派ワインでは酸化は自然の生育過程。SO2の使用で天然酵母が抑えられてしまうと、その土地の個性であるテロワールが損なわれると考える”

出典元:ウグイス アヒルのビオトーク
〜ヴァンナチュールを求めて〜

簡単にいうと、

自然に近い方法で栽培したブドウを、自然に近い方法で醸造したワイン、です

自然派ワインの特徴は

・色が明るくて軽やか

・味わいは繊細で優しい味わい

・不純物や添加物が少なく、2日酔いになりにくい、 など

自然派ワインに馴染みのないかたも、気軽に楽しめそうなイベントですので、気になるかたは是非イベントへ行ってみてだはいかがでしょうか!?

武蔵ワイナリー 小川のワイン祭、イベント概要はこちら

https://love-wine.jp/wineevent/saitama/musashi-winefes/

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.