読むと思わず誰かに話したくなるネタをお届けします

星稜・奥川恭伸投手の性格が良すぎる!言葉・名言を紹介!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

2019夏の甲子園で準優勝に輝いた星稜高校のエース・奥川恭伸投手。

 

決勝では、残念ながら打たれてしまいましたが素晴らしいピッチャーであることは間違いないと思います。

 

→奥川投手に関する評価は星稜高校・奥川恭伸投手の評判・評価は?野村克也氏の言葉も紹介!で紹介しています。

 

 

そんな奥川選手はどんな人なのか?

性格や言葉、名言などを紹介したいと思います!

スポンサーリンク

奥川恭伸のwikiプロフィール

 

奥川投手は2001年4月16日生まれで18歳。

 

 

「おくがわやすのぶ」と読みます。

 

 

現在は星稜高校の3年生で、身長183センチ、82キロ。

 

急速は最速151キロです。

 

 

奥川投手は出身も石川県で、宇ノ気小学校の頃に、宇ノ気ブルーサンダーで野球をはじめました。

 

 

そして、宇ノ気中学では3年生のときに全国大会優勝を経験しています!

 

 

そして星稜高校に進み、昨年2018年の春夏甲子園にも出場。

 

2回戦で済美高校に破れましたが、その年の夏に奥川投手は侍ジャパンU-18に選ばれています。

 

スポンサーリンク

星稜高校・奥川恭伸投手の性格は?

 

奥川選手の性格に関して見ていきたいと思います。

 

星稜高校の林和成監督のコメントがありました。

 

奥川選手の凄さを聞かれた際に、

 

「何といっても人間性。

物事のとらえ方も考え方も素晴らしいし、どんなに活躍しても天狗にならない。

田舎の純朴な子ですよ。それでいて周りに流されないし、負けず嫌いで、芯の強さもある。

彼をここまで育てたご両親や環境も素晴らしいのだと思います。」

 

出典元:週刊ベースボールONLINE

 

と話していました。

 

 

宇ノ気中学校の三浦監督は、

奥川は自宅通学で投手なので、その後も時間があれば訪ねてきてくれます。

今もとにかく謙虚で、良いことも悪いこともすべて自分の言葉で話せる。それが成長の要因でしょうね。

これからも謙虚さを忘れずにいたら結果はついてくるやろうし、プロに行ってほしいなと思っています。

力は十分にありますから、心配していません。

 

出典元:週刊ベースボールONLINE

 

 

というふうに奥川選手の「謙虚さ」を褒めていました。

 

チームメイトであり、ずっとバッテリーを組んできた山瀬捕手は、

 

向上心が並ではないし、いつも自分のやるべきことを理解していてそれができている。

中学の野球部で貴重な出会いもあった中で、自分も含めて人間性のほうも自然に変わってきたと思います。

 

出典元:週刊ベースボールONLINE

 

 

と向上心を賞賛していました。

 

 

みんなが奥川投手の人間性を賞賛していましたね。

 

 

「謙虚さ」と「向上心」といったものが人よりも強いからこそ、これだけの選手になってきたのだと、これらの言葉から改めて感じました。

 

スポンサーリンク

星稜高校・奥川恭伸の言葉・名言を紹介!

 

残念ながら決勝で敗れた星稜高校ですが、試合後の奥川投手の言葉に感動したので、紹介したいと思います。

日刊スポーツの記事でしたが、奥川投手の言葉が紹介されていました。

 

 

「失投でした。素晴らしいチームだった。

向こうの方が日本一になるべきチーム。素直に負けを認めたい。

野球の神様が自分に与えてくれた課題だと思う」

 

 

 

「支えてもらっている人がいて、野球ができる。最後まで野球をやれてよかったです」

 

出典元:週刊ベースボールONLINE

 


敗戦後のこの言葉に感動しました。

 

 

本当に素晴らしい人間性だと思いますし、奥川選手から学ぶべきことがあると感じました。

 

 

 

他の言葉も紹介したいと思います。

 

 

「優勝とかよりも、みんなと1日でも長く野球をやりたいんだよね」

 

出典元:週刊ベースボールONLINE

 

 

 

奥川選手のこの素晴らしい人間性にはきっと両親や、星稜高校野球部の素晴らしい教育があったのだと思います。

 

 

スポーツには観て楽しむだけではなく、このようなドラマや素晴らしい言葉などとも出会えるすばらしさがあることを改めて感じることができたと思っています。

 

 

スポンサーリンク

まとめ

 

星稜高校の野球部には、山下智茂前監督(74歳。現名誉監督)の教えが息づいているようで、

かつて「誰のために野球をやるんや」と聞かれた松井秀喜さんは答えられなかったようですが、

 

 

「ベンチに入れなかった部員のためにやるんや!」

 

という山下名誉監督の教えを奥川選手達も甲子園出場が決まったときに聞かされたようです。

 

 

このような教育があるからこそ、素晴らしい成績を残すことができたのだと思います。

 

奥川投手に関しては、星稜高校・奥川恭伸投手の評判・評価は?野村克也氏の言葉も紹介!でも紹介しているので読んでみてください!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2019 All Rights Reserved.