物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

大阪府警富田林署留置場から男逃走の行方は?看守、面会者は誰?

2018/08/20
 
この記事を書いている人 - WRITER -

12日午後9時45分ごろ、大阪府富田林市常盤町の府警富田林署の留置場から、容疑者の男(30)が逃走したとのニュースがありました。

 

留置場から容疑者が逃走するという信じられない事件ですが、なぜ逃走することが出来たのでしょうか?

スポンサーリンク

逃走犯はどんな人?

 

 

逃走したのは、府警捜査1課などが窃盗や強制性交などの容疑で逮捕した樋田淳也容疑者。

何らかの方法で、面会室の窓を壊して逃げたとのことで、府警が詳しい状況を調べているようです。

 

以前もどこかで同じような事例があったような気がしません?

 

ネットでは、

「どうやったら脱走出来るんだ?看守は居眠りか?」

 

「捕まえたら、GPS機能つきのリストバンドか足枷でもつけようや。
勿論、簡単にはずれないやつ。」

 

「怖い。
詳しい情報はないのでしょうか。
近隣住民はおちおち寝てられない。」

などコメントが寄せられています。

スポンサーリンク

面会中の警備体制は?

先ほどのニュースを見る限りでは、弁護士と面会していたということのようですね。

さすがに看守が見張っているはずですよね?

 

ですが、弁護士との接見には、特別なルールがあるようなのです!

 

原則、時間の制限はなく、接見中は警察官は立ち会わない、ということです。

なぜ!?明確な理由はあるのでしょうか!?

 

しかし、窓を壊してまでいるのに警官が気づかなかったというのが驚きですよね!?

まさか弁護士も加担してたりということなんてこともあるんでしょうか?

 

刑務所や留置場のセキュリティ対策は今後どのようになっていくのでしょうか?

警備員だけでなく、顔認証などのシステムによって入退出を厳重に管理するなどのようなことも考えていかなくてはいけないのかもしれませんね。

または、先程コメントにもありましたが、GPS で追跡できるようなものを拘留者につけるなど、とにかく警備体制の強化が求められてくるのではないでしょうか?

 

周囲の住民は不安が大きいと思いますので、まずは一刻も早く逃走犯が捕まることを祈るばかりです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.