物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

物流現場の管理、監視について

 
この記事を書いている人 - WRITER -

物流現場では、人材不足や長時間労働が課題であると言えますが、そのような中でも顧客の要求は高まる一方です。

私が勤務する物流センターでも、繁忙期になると2交代で夜間も稼働し、十分な管理者を確保できているとは言えません。採用は進めていますが、即戦力が採用される事は稀で、物流未経験の人材も採用しながら対応しているような状況です。
前述の通り、そんな状況下でも納期や物流品質を担保していく為、機械化・IT化も積極的に進めています。教育マニュアルのツール等も導入し、教育を強化する仕組みも整備しています。それでもやはり、人材教育、特に管理者の教育には非常に時間がかかります。
そもそも、“管理者を教育できる人材” が限られている事が根本的な課題です。

そんな中、最近感じているのは、
“既存の優れた人材の業務負荷を減らして、もっと管理・監視業務に関与せられないか?”
という点です。

具体的に検討しているのは、“監視カメラでの作業モニタリング環境の整備です”

・現場管理は“各エリアの作業リーダー”や全体管理者で行なっているが、管理レベルは不十分
・経験事務所の優秀なCSメンバーもフォローさせたいが、忙しいと現場に行く時間は限られる
・現在設置している監視カメラは、セキュリティのチェックが主目的となっており、台数が限定的な為、カメラを増設し、事務所や外出先でも、現場の作業状況をリアルタイムに観れるものにしたい
・わざわざ現場の状況を見に行かなくても、カメラで状況を確認できれば済むようなことは
、カメラ増設により業務の効率化につながる。
・また、カメラで状況を把握する事により防止できる不具合やミスもあるはず

・pc,スマホでリアルタイムに観ることで、現場作業リーダーに対する教育もできるようになる
・複数拠点に設置すれば、1人が複数拠点の管理に関与することも現実的となる

このような事でカメラ&監視ツール(アプリ?)の検討を進めています。
私も2拠点の運営管理に関わっていますが、実質的には1拠点に常駐している状況で、もう1拠点の現場はなかなか観れていません。
上司とも方向性について合意していますので、pcやスマホなどでも遠隔監視できるよう、早急に導入に向けて検討・準備を進めて行く予定です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.