物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

日本代表 ベルギー戦の感動と敗戦から私達が学ぶこと

 
ベルギー戦 ワールドカップ 敗戦 学び
この記事を書いている人 - WRITER -

ロシアワールドカップ 決勝トーナメント

日本対ベルギー戦は2−0でリードしながらもベルギーに追いつかれ、

後半アディショナルタイムに勝ち越しゴールを決められ、2−3で敗れました。

 

原口選手、乾選手のゴールはとても素晴らしいもので、観ているファンにもベスト8への進出を見せかけてくれる試合でした。

さすがにベルギー2点リードされる展開は全く予想していなかったでしょうし、焦りはあったと思います。

それでもやはり、2−0から3点を奪ってしまうFIFAランク3位のベルギーの強さ、底力を見せつけられた試合でもありました。

 

試合後に西野監督も「何かが足りないんでしょうね」「全てだとは思いますけど」と語っていました。

まずは気持ちの整理が必要で、その後に今大会のレビューは今後行いながら、次に向けた取り組みを進めていくと思います。

 

選手はもちろん、ファンもこの試合後の気持ちをどう整理しようかと感じている方が多いと思います。

私もその一人です。

色々考えた結果、この敗戦から学ぶべきことを考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

 

ベルギー戦敗戦後の選手のコメント

 

敗戦後の選手のコメントからも、

「このチームで前に進みたかった」

「このチームでの戦いが終わってしまったのが残念」・・・ 原口選手

また、

「出せる力は出し切ったので悔いはない。負けたのは力不足」・・・ 長友選手

「相手のほうが1枚上手だった」・・・ 柴崎選手

といった声などがありました。

 

勝てるチャンスがあっただけに、悔しい想いは選手・監督・スタッフだけでなく、

応援していた多くの方が感じていると思います。

 

ただ、今大会は大会直前の監督交代もあり、非常に難しいでした。

しかし、そのような状況の中で、ピンチをチャンスと捉えてチームが結束し、

チームとして力を出し切れたことが躍進の結果に繋がったのではないかと思います。

 

日本の団結力や粘り強さというものはこの大会で示されたと思います。

そして相手がどこであろうと、仮に日本が優位と思われるような試合でも、謙虚さをもって果敢にチャレンジしていく姿勢が良い結果を生む。

それは今後のベースとして、個人としてもチームとしても忘れてはいけないものだと感じました。

 

スポンサーリンク

2点差をひっくり返す、ベルギーの底力

 

試合後に柴崎選手や長友選手も語ったとおり、これはまさにベルギーの底力だと思います。

”2点差のリードは恐い、1点取られるとガラッと状況が変わる”というのは、サッカーにおいてよく言われることですが、

どんな強豪チームであっても、たとえ相手が格下だったとしても、2点差をひっくり返すのは簡単ではありません。

 

それをベルギーはやってのけました。

後半アディショナルタイムで勝ち越しゴールを決めたあのカウンターは、改めて見返しても驚きます。

体力的にも本当に苦しい、後半最後のあの時間帯で、あれだけの推進力はなかなかできるものではないと思います。

 

優勝候補と言われるだけあって、ベルギーはそうそうたるメンバーが揃っています。

アザール(チェルシー)、ルカク(マンチェスター・ユナイテッド)、デ・ブライネ(マンチェスター・シティ)、コンパニ(マンチェスター・シティ)、クルトワ(チェルシー)、

いずれもイングランドの強豪クラブに所属し、主力として活躍している選手達。

 

ビッククラブの主力として、プレミアリーグ優勝やチャンピオンズリーグの優勝を義務付けられており、日々のプレッシャーは相当なものだと思います。

日本もヨーロッパで活躍する選手は増えていますが、やはり彼らとは背負っているレベルが違うのでしょう。

つまり、プレッシャーや逆境に対する日常の差が  ”基準値” の差となり、 今回の様な大舞台での逆境を跳ね返す力となる。

今回の試合ではそんなことを感じさせられました。

 

先日、ある講演会で ” 気づきは非日常、成功のカギは日常の底上げ  ”  ということを教えていただきました。

まさにこれが今後日本がベスト8に近づくためのカギであると思います。

 

チームとしての団結力や粘り強さといったものは今回のワールドカップで示すことができたと思いますが、ここから先のステージは  ” 個々のレベルの底上げ ” が違いを見せるのでしょう。

 

年齢的に次回のワールドカップもチャンスがある選手たちが、今後のワールドカップに向け、

更に飛躍を遂げヨーロッパの舞台そしてビッククラブで活躍する姿を見たいと思います。

 

スポンサーリンク

ベルギー対ブラジル戦から学ぶ

 

日本に勝ったベルギーはベスト8でブラジルと当たります。

事実上の決勝戦ともいえる世界トップ同士のカードです。

お互いに立ち上がりから本気同士のガチンコ勝負になると思います。

 

ベルギーを苦しめた日本ですが、今後ベルギーやブラジルの様な相手に勝っていく為に、

この試合から勉強できることがあるかもしれません。

 

ベルギー対ブラジルの試合をしっかりと観たいと思います。

 

スポンサーリンク

日本のスポーツ界全体で学び、高め合う

 

昨日7/2(月)フィギュアスケートの羽生結弦選手が国民栄誉賞を受賞したとのニュースがありました。

23歳での受賞は最年少とのこと。

このように羽生選手から学べることもあると思います。

そしてイチロー選手や、体操の内村航平選手なども。

 

我々スポーツファンからしても、トップアスリートの思考や日々の努力、成功のカギといったものを学びたいと思っている人は多いのはないでしょうか?

・日々どんなことを考えているのか?

・1日をどのように過ごしているのか?

・つらいときにどう立ち向かっているのか? など。

 

スポーツの枠を超えてそのような交流が生まれていくと、日本のスポーツはもっと強くなるのではないかと感じています。

 

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.