物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

W杯サッカーコロンビア戦 勝利の要因は!?

 
サッカー コロンビア戦 ワールドカップ
スポンサーリンク

2018年ロシアワールドカップ

6/19(火)グループリーグ初戦のコロンビア戦に2−1で見事勝利しました!!

日本は4年前の惨敗の雪辱を果たすことができましたね!

しかし、なかなか日本の勝利を予想していた人は少なかったのではないでしょうか?

そこで、今回の勝利の要因を幾つか分析してみたいと思います。

 

最後にハイライト動画もありますので、ご覧ください。

 

スポンサーリンク

 

勝因1 ハメス・ロドリゲスのベンチスタート

前回大会得点王のハメス・ロドリゲス

今回も最も危険な選手でしたが、まさかのベンチスタート

ハメスは練習中に左ふくらはぎを負傷し、14日に行われた全体練習を欠席。

その後は全体練習とは別メニューの調整を行っていたようです。

彼がベストの状態で先発出場していたら、日本にとっての脅威となっていたことでしょう。

スポンサーリンク

勝因2 立ち上がりの日本のアグレッシブさ

開始直後から日本は非常にアグレッシブに入ることができていたと思います。

メンタル面も含めて、チームとして団結し、良い状態で試合に臨めていた結果であると思います。

 

スポンサーリンク

勝因3 開始直後のPK獲得&コロンビア選手の退場

 

開始3分で決定的なチャンスを迎え、大迫のシュートのこぼれ球を香川がシュート。

相手ゴールキーパーがゴールを開けており、シュートブロックに入ったコロンビア選手がハンドでゴールを阻止。

PK獲得に加え、相手選手はレッドカートで一発退場!

シュートに至るまでの大迫の粘りが非常に大きいかったと思います。

これにより、開始3分での退場はコロンビアチームのゲームプランが大きく変わる事態となり、

攻撃で脅威を与えられるグアドラードが30分前後で交代する流れとなりました。

スポンサーリンク

勝因4 キンテロ → ハメス・ロドリゲスへの交代

前半に同点に追いつくフリーキックを決めるなど、日本に脅威を与えていたキンテロに替わり、

エースのハメス・ロドリゲスが入りました。

これにより、より日本のゴールを脅かすシーンが増えるかと思われましたが、

かえって日本チームにとっては戦いやすい状況になったように見られました。

 

ハメス・ロドリゲスは見るからに十分なコンディションではなく、運動量も少なかったですね。

そして、数的不利なコロンビアはグアドラードを前半にベンチに下げた事により、

チャンスはキンテロとファルカオのホットラインが多かったものの、

そのキンテロをベンチに下げたことで日本チームは脅威が減る状況となりました。

ハメス・ロドリゲスというスーパースターが登場したにもかかわらず、

それが必ずしもプラスになるわけではない、というところがサッカーというチームスポーツの面白いところですね。

 

スポンサーリンク

勝因5 大迫の活躍

コロンビア戦の日本チームはみんな良かったと思いますが、MVP は何と言っても大迫でしょう!

1点目&PK 獲得の際の粘りと、決勝点となった2点目のゴールに加え、

前線からのプレッシング、所々で発揮する強さとうまさ。

まさに大迫の活躍が生んだ勝利だったといえるのではないでしょうか!?

 

勝因6 守備の集中と粘り

コロンビアは開始直後で10人になりましたが、

技術の高さから、幾つかの決定的なチャンスを作りました。

キンテロの見事なフリーキックにより1点は失いましたが、

日本チームは非常に集中が継続できてていたと思います。

勝因7 致命的なミスゼロ

日本チームは自分たちの致命的なミスから失点につながってしまうようなシーンがよくありましたが、

今回は大きなミスなく、集中して戦うことができていたと思います。

ゴールキーパー川島が開幕前のテストマッチでも不安だったので、先発メンバーを見たときに不安になりましたが、

コロンビア戦は特に問題なかったと思います。

 

コロンビア戦の課題は!?

見事勝利したコロンビア戦ですが、課題も色々ありました。

技術ではコロンビアに劣る日本ですが、相手選手の退場により数的優位となり、ボールを回すことはできましたが、

パスミスが多く、効果的にボールを動かすことはできていなかったのではないかと思います。

長谷部のパスミスも目立ちましたね。

 

また、選手のポジションニングも各選手が高い位置にポジションを取りすぎるあまり、

パスコースが限定され、中盤のスペースをあまり効果的に使えていなかったと思います。

スペインのように、選手個々の距離感や中盤でのポジショニングでバイタルエリアのスペースを効果的に使えると、

もっと香川や乾などテクニックのある選手が生きてくるのではないかと感じられました。

そのあたりは、柴崎選手がより積極的に顔を出し、香川や乾などとよい距離感でプレーできると

面白いサッカーができるのではないかと思います。

コロンビア戦のハイライト動画はこちら

 

次は対戦相手はセネガル。

ぜひとも勝利を掴み取って、グループリーグ突破を決めてもらいたいと思います!

セネガル戦もみんなで応援しましょう!

関連記事はこちら↓

ロシアW杯 サムライブルーのユニフォームを着て日本を応援しよう!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.