物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

日本 対 ウクライナ

 
この記事を書いている人 - WRITER -

1ー2で敗戦となりましたが、スコア通り、全体的にはウクライナのほうが、全体のポジショニングや距離感がよく、組織としてプレーしていたと思います。

攻守のポジショニングがよいので、守備では日本の選手が使いたいスペースを消し、攻撃ではスペースでボールを受けて前を向く。また、日本がプレスしようとしても、ポジショニングがよいからワンタッチでボールをさばき、プレッシャーをかわせている場面が多かったと思います。

日本としては、自由にボールを出され、スペースを使われ、ボールの取り所をどのように設定していたのかが汲み取れませんでした。
相手にスペースを支配されているので、ボールを奪っても出しどころが限られ、パスを狙われてすぐにボールを失う。守備で一杯一杯なので奪ってもパスミスも多くまたすぐに奪われる、という悪循環。
ベンチワークも含め、やりたいサッカーが分からず、個々任せに感じました。

個々のレベルでは世界のトップと張り合えない日本こそ、グループ戦術や組織力で格上のチームと戦っていくしかないと思いますが、その様な戦略は感じられませんでした。

・いかにして守備でも攻撃でも数的優位を作るか
・うまくいかない際に、どのように修正するか
・よい形で攻撃する為には、どの位置でどの様ににボールを奪うか

その様な戦術面でも、世界のトップの方が優れていると思います。
その様な部分をもっと突き詰めた戦い方をしていかなければ、世界のトップには近づけないと改めて感じた試合だったのではないでしょうか?

メンバーを見ても、スペースを見つけてボールを受けられる香川や、キープ力のある大迫、ハードワークのできる岡崎など、必要な選手を使って欲しいというのは、多くの方が感じていることだと思います。

柴崎と変わって後半途中から出た中島は可能性を感じましたが、あくまでどの選手を起用して、どの様にチームとして戦っていくかを、ワールドカップまでの残りの期間で作り込んでいってほしいと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.