物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

[速報] 義母と娘のブルース ドラマ1話感想

 
スポンサーリンク

7/10(火)開始の新ドラマ ”義母と娘のブルース”

第1話の感想をまとめました。

第一話あらすじ 義母と娘のブルース

まずは第一話のあらすじから。

数年前に母親を亡くし、父親の 良一 (竹野内豊) と父一人子一人で生きてきた 宮本みゆき (横溝菜帆)
そんな彼女の前にある一人のキャリアウーマンが現れる。彼女の名前は 岩木亜希子 (綾瀬はるか) 。業界トップシェアの金属会社・光友金属の営業部長を務める彼女は、みゆきの新しい義母になる女性であった。

そんな亜希子とみゆきの初対面の日。亜希子はみゆきに名刺を差し出し、「私、このような者にございます」 と挨拶するが、みゆきは 「私、この人嫌い」 と一蹴。「初手の5分で心をつかめなければ、そのプレゼンは失敗です」 謎の封筒を置いて帰ってしまう亜希子。亜希子が来ることを聞かされていなかったみゆきは良一をギロリ。慌てふためく良一はみゆきを必死に説得するが逆に言い負かされてしまう。亜希子の義母としての初陣は、あえなく惨敗に終わるのだった。

しかし、“戦国部長” の異名を持つ亜希子は、このままでは終わらない。百戦錬磨のビジネス経験を活かし、みゆきの心をつかもうとありとあらゆる策を練る。児童心理学の書籍を読み漁り、みゆきを知る人間に片っ端からリサーチをかける。会社の後輩・田口朝正 (浅利陽介) をも巻き込み、とっておきの作戦を立てる。

一方、下山不動産の噂好きおばちゃん・下山和子 (麻生祐未) に、「再婚は早いのでは?」 と釘を刺されてしまう良一だが亜希子への想いを語る。みゆきの牙城を崩すためのヒントをもらおうと下山の元を訪れる亜希子。「あんたの味方はできないよ。私はみゆきちゃんの味方」 と言い張る下山に亜希子は… !?

その頃、光友金属を訪れていたバイク便の青年・麦田章 (佐藤健) に荷物を託す田口。威勢よく飛び出し行く麦田にどこか違和感を覚える田口。この違和感は、後にとんでもない被害に発展する…!?

果たして亜希子は、みゆきに受け入れられるのだろうか !?
義母として、認められるのだろうか !?

本作は、一生懸命仕事をしてきた女性が、一生懸命母親になろうとする物語である。
そして、亜希子さんを受け入れるべきか一生懸命考える娘、一生懸命見守ろうとする父親の何気ない日常の物語である。
そんな日常には、喜びや、悲しみ、そして奇跡が溢れている。

 

スポンサーリンク

義母と娘のブルース 第1話感想

 

竹野内豊のスーツ姿、かっこいいですね!

スーツ姿はかっこいいのですが、仕事はそこそこ、できる男感がないところは残念ですが、こういう役もはまりますね。

 

綾瀬はるかについては、キャリアウーマン姿が新鮮な感じで、”会社の基本は報連相”とか、”交渉はボスとするべき”とか、バリバリに中国語話している姿とか、かなり違和感あります。

超真面目キャラながらも、みゆきを笑わせるために腹踊りするシーンとか、演技力がさすがです!

 

1話はだいぶ3人の関係がかたくぎこちない感じなので、見ている方もなんとなく落ち着かないような感じなのですが、今後どのように仲が進展していくのでしょうか?

また、回を重ねるごとに、良一と亜希子の関係、亜希子とみゆきの関係、そして3人の関係が深まっていくのでしょうが、その中でどんな波乱や仕掛けが組まれているのでしょうか!?

そして、引き続き、亜希子のビジネス調の会話が続くんですかね。

ぎこちなさや綾瀬はるかのイメージとのギャップが面白いのですが、なんかまだ見ていて落ち着かないですね。

 

引き続き、第2話を楽しみにしたいと思います!

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.