読むと思わず誰かに話したくなるネタをお届けします

【天気の子】陽菜のチョーカー・ネックレスが壊れた理由・意味は?

 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

映画「天気の子」を観て感じた疑問や感想について書いています。

 

 

すごく心の残る素敵な映画だったので、観終わった後でも、いろんな感想や疑問が湧いてきます。

 

 

今回は、陽菜のネックレスが外れた理由や意味について見ていこうと思います。

 

 

このネックレスは、映画の最初の祈りの場面ではつけていませんでした。

 

 

その後陽菜はネックレスをいつも身につけていましたが、最後の場面ではネックレスが外れてしまいます。

 

 

ストーリーを通して、このチョーカーの意味についても考えてみたいと思います!

スポンサーリンク

天気の子・陽菜のチョーカー(ネックレス)はいつからつけた?

 

 

陽菜が首に着けているチョーカーは陽菜のシンボル的な印象的なアイテムでした。

 

 

ですが、最初から着けていたわけではありません。

 

 

お母さんが入院している病院からの最初の祈りのシーンでは、身につけて着けていませんでした。

 

 

 

 

そして、次に会った場面では身につけています。

 

 

 

その後は常に肌身離さず身につけていましたね。

 

 

 

 

このチョーカーを最初は着けておらず、その後は常に身につけていることを考えると、これはお母さんの形見ではないかと思われます。

 

スポンサーリンク

天気の子・陽菜のチョーカー(ネックレス)が外れたのはいつ?

 

陽菜がいつも身につけていたチョーカーが外れてしまったのはいつだったでしょうか?

 

 

人柱として、多くの人の喜びのために祈りを捧げたことによってに行ってしまった陽菜

 

 

その陽菜に会うため、帆高が鳥居に向かって警察の制止を振り切りながら、そして須賀の助けをもらってなんとか鳥居にたどり着きます。

 

 

鳥居で祈ったことにより、陽菜がいた天へ行き、2人は再会することができました。

 

 

そして、天から鳥居に2人が戻され倒れていたとき、陽菜のネックレスが外れていたと思います。

 

 

その後帆高は警察から保護観察処分を受け、親から捜索願いも出ていたので神津島に戻ります。

 

 

その後、最後の再会シーンでは、陽菜はネックレスをしていたのかどうかが、残念ながら覚えていません...

 

 

スポンサーリンク

天気の子・陽菜のチョーカー・ネックレスの持つ意味は?

 

 

ネットの反応を見ていると、このチョーカーが人柱の力を持つのではないか?という意見もありました。

 

 

たしかに、そのような捉え方もあるかもしれません。

 

 

そうなると、陽菜のお母さんが人柱だったということになりますね。

 

 

ただ、病院から鳥居に行ったときの祈りでは、身につけていませんでしたし、考え方によっては、須賀の妻が人柱だったのではないか?というふうにも考えられるかもしれません。

 

 

須賀の奥さんについても細かいことは明かされませんでしたが、帆高のことを須賀自身が自分に似ていると感じていることや、最後のシーンで警察から帆高を助けたシーンなど、須賀に関しても気になる部分があったので、この点は別の記事でじっくり考えてみたいと思います。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

陽菜のネックレスは、亡くなったお母さんの大切な形見ではないかと思います。

 

そのネックレスが人柱の力を持つのではないか?という意見もありましたが、その可能性よりも須賀の奥さんが人柱だったのではないか?という点も気になるので、別の記事で映画を振り返りながら考えていたいと思います。

 

 

この映画に関してまとめページがありますので、ぜひ読んでみてください☆

【特集】映画・天気の子まとめ
この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2019 All Rights Reserved.