物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

[体操女子パワハラ]塚原光男副会長・千恵子夫妻の謝罪理由は?

2018/09/03
 
この記事を書いている人 - WRITER -

 

体操女子でパワハラを指摘された日本協会の塚原光男副会長と塚原千恵子・強化本部長は9月2日、報道各社へFAXを送付し「宮川紗江選手に対する謝罪」のコメントを発表しました。

 

なぜこのタイミングで謝罪をしたのか、気になる理由について調べていきます。

 

謝罪文内容は!?

 

謝罪文の一部を抜粋して紹介していきます。

前回のプレスリリースにより、一部で「反撃」「反論」や「徹底抗戦」と報道されたことについて、「そういった意図は一切ございません」

「私たちのプレスリリースにより、さらに宮川紗江選手を傷つけ、誤解を与え、恐怖心を抱かせ、不信感、不快感を与えてしまったのであれば、全ては私たちの責任であり、本当に申し訳なく思っております」

「私たちは、体操協会の副会長及び強化本部長という立場であり、一人一人の選手に敬意をもたなければならない立場にあります。また、何よりも『一人の大人』として、私たちの落ち度も認め、私たちの正当性を訴えることよりもまずは宮川紗江選手に誠実に謝罪し、向き合うことが大事であるにもかかわらず、宮川紗江選手を深く傷つけてしまったことに対して、重ねてお詫び申し上げます」

 

「もし、私たちに、直接謝罪をお伝えできる機会を頂けるのであれば、宮川紗江選手に対して直接謝罪させて頂ければと思っております」

 

スポンサーリンク

発表の理由は!?

 

コメント全文を読みましたが、丁寧に書かれている印象を受けました。

でも本心だとはなかなか思えないですよね。

本当に謝罪したいのであれば、記者会見を開くでしょうし、本人に対しても謝ればいいわけですからね。

「機会を与えていただければ」とかじゃなくて。

 

 

今年に入って日大のタックル問題の日大側の対応や、ボクシングの山根会長の対応など、スポーツ組織団体の問題が明るみになってきていますよね。

しかも対応自体があまりにいい加減な印象が否めず、対応の悪さが余計に問題を大きくしているという風にも感じます。

 

今回の突然の謝罪はそのあたりを意識した対応だったのかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

謝罪を促したのは誰

 

でも、宮川選手が会見で語ったことに対し、「だまってないわ」や「全部うそ」などの発言からすると、

今回の謝罪コメントが塚本夫妻だけで考えたものだとは到底思えませんでした。

 

これって誰かが助言をしたんでしょうかね?

 

会長(二木英徳会長)でしょうかね。

どんな方か全く存じ上げませんが💧

 

オリンピックも控えていますし、協会が目立つということがいいことであるはずがないので、「取り敢えず謝罪文だしておこう」的な感じもあるもかもしれませんね。

 

スポンサーリンク

まとめ

 

パワハラ問題で塚原夫妻は謝罪コメントを発表しましたが、本心での謝罪とは感じられませんでした。

 

まずはこの件を早く落ち着かせたいという思いなのかもしれません。

どこまで本当に宮川選手や速見コーチのことを想っているのかが気になるところです。

 

そして、日大のタックル問題も田中理事長が何も対応しないのが大きな問題だったと思いますが、体操協会の二木会長は今後何か動きがあるのでしょうか?

 

山根会長の報道が減ってきたと思ったら次は、体操の協会組織の問題。

以前にはレスリングのパワハラ問題もありましたし、今年はパワハラが大きな世間の注目を集めていますね。

 

今後他にもスポーツのパワハラ問題が出てくるのかもしれません。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.