物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

絶対零度一話の感想・評価まとめ

 
スポンサーリンク

新ドラマの時期を迎えましたね。

ドラマ好きの方の中では、色んなドラマの第一話を見て、継続してみるドラマを決めるというかたもいらっしゃるのではないでしょうか?

 

7/9(月)放送開始の月9新ドラマ 絶対零度

第一話の感想をまとめました。

スポンサーリンク

イントロダクション

こちらは、絶対零度の公式サイトのイントロダクションです。

まずはこちらをご覧ください。

 

主人公・井沢範人は、フジテレビ月9に初主演となる、沢村一樹さんが務めます。また、前シリーズから7年を経て、一流の捜査官に成長していましたが、ある捜査中に突如失踪、消息をたってしまった 桜木泉として、前シリーズと同様、上戸彩さんが出演することも決定しました。前シリーズまでの主人公・桜木は物語全体の謎のカギを握る存在として登場します。上戸さんは、『昼顔』以来、4年ぶりのフジテレビ連続ドラマ出演となります。

(一部略)

沢村さんが演じる井沢範人は、ひょうひょうとしてつかみどころのない印象を周りに与える人物ながら、実は元公安のエリート刑事。ある事件を起こしたことをきっかけに公安から、総務部・資料課に室長として転属しています。その資料課には、警察内で厄介払いされたトラブルメーカーたちが集められていました。“警視庁の吹きだまり”ともいうべき資料課ですが、実は秘密裏に進められている、ある重要なプロジェクトの任務を託されています。そのプロジェクトとは、日本国民のあらゆる個人情報、日本全国の監視カメラの映像、メールや電話の通信データ、などが集約されたビッグデータを解析し、過去15年分のさまざまな犯罪データと照らし合わせ、AIが統計学的に、これから起こる重大犯罪、主に“殺人”を犯す可能性の高い危険人物として割り出す“未然犯罪捜査システム=ミハンシステム”の実用化プロジェクトです。

資料課に課せられたミッションは“未然犯罪捜査チーム=ミハン”として、“ミハンシステム”の割り出した、未来の危険人物が起こすかもしれない重大犯罪(主に殺人)を阻止すること。データが示すのは危険人物の名前だけで、何が起こるかは分からず、いつ、どこで、誰が、なぜ、殺されようとしているのか? それらのことを潜入捜査しながら突き止めていきます。しかし、現時点でこのような捜査は違法捜査。表向きは総務部・資料課として活動しており、警察内でも彼らの存在は秘密にされています。潜入捜査あり、アクションあり、エンターテインメント要素をふんだんに詰め込みながら、予想もつかない展開の連続で見る者の心をつかみます!

スポンサーリンク

第一話まとめ

公安外事第二課のエリート刑事だった井沢範人(沢村一樹)は、ある事件がきっかけで総務部資料課分室への異動を命じられる。

資料課分室のメンバーは、痴漢容疑者への必要以上の暴行で異動させられた小田切唯(本田翼)、入庁以来ずっと資料課にいる人づき合いが苦手な南彦太郎(柄本時生)、さまざまな部署をたらい回しにされてきた田村薫(平田満)という、警察内のトラブルメーカーばかり。だが、実はこの資料課分室には、刑事企画課特別捜査官・東堂定春(伊藤淳史)が中心となって秘密裏に進められてきたある重要プロジェクトが託されていた。それは、日本国民のあらゆる個人情報――通信記録や金融機関の出入金記録、監視カメラの映像といったビッグデータを解析し、過去15年分の犯罪記録と照らし合わせることによって、AIがこれから起こる重大犯罪、主に殺人を犯す可能性が高い危険人物を割り出す未然犯罪捜査システム、通称『ミハン』システムの実用化プロジェクトだった。

一方、特殊捜査班のメンバーだった山内徹(横山裕)は、バディを組んでいた桜木泉(上戸彩)の失踪事件がきっかけでチームが解散になった後も独自に彼女の行方を追い続けていた。だが、やがて捜査は行き詰まり、その無力感と警察組織への不信感から上司を殴ってしまい、資料課分室への異動を命じられる。

ミハンシステムが割り出すのは殺人を犯す危険性のある人物。しかし、いつ、どこで、誰を、なぜ殺すのかはわからない。山内は、冤罪を生み出す可能性もあるミハンシステムに対して疑念を抱いていた。「公にはできない捜査で、あなたたちの身に何かが起きても警察は助けてくれない。切り捨てられて終わりだ」。山内は、そう井沢に告げる。

そんな中、ミハンシステムがテストケースNo.5の危険人物を割り出し……。

 

第一話のあらすじは分かりやすい記事がありましたのでこちらをご覧ください。

【絶対零度】1話見逃し・あらすじと感想「予測された未来の凶悪犯罪を止めろ」

 

 

スポンサーリンク

絶対零度 第1話感想

Twitterでの感想を見ていると、横山裕に対するコメントばかりでした。

ジャニーズ人気凄いですね!

 

絶対零度の過去のドラマは見たことがなく、上戸彩(桜木泉)がたくさん出演するのだと思い、じゃあ見てみようと、このドラマを見たのですが、残念ながらはほとんど登場しませんでした。しかも、ベトナムで焼死体となって発見されたと第一話の最後でかつてのパートナー山内(横山裕)に知らされるという展開。

このような捜査系のドラマはあまり見ないので、事件の展開についていくのが大変でしたが、予想する展開が外れるようなところもあり、ストーリとしては面白かったです。

 

このようなものを見慣れていないので、夜道を一人で歩ときに後ろに誰かいないかとかちらちら気にしてしまいそうです・・・

スリル感を味わいたい方やストーリー予測などが好きな方にはおすすめかと思います。

井沢、山内、桜木泉はもちろんですが、それぞれの人に闇があり、その過去が次第に明らかになっていくのだと思いますが、そのストーリー展開が非常に楽しみです。

 

今後AIが色んな分野で活用されていくのでしょうが、このような研究も本当に進んでいくのでしょうか!?

事情聴取なんかは、表情や声のトーン、発言内容などをAIで判定するようなこともできなくもなさそうですが。

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.