物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

【速報】ヴィッセル神戸 対 柏レイソル戦 速報・感想!

 
この記事を書いている人 - WRITER -

7/28 J1第18節(ノエスタ) 19時キックオフ

ついに、ヴィッセル神戸はイニエスタが先発出場となります!

ヴィッセル神戸対柏レイソルの速報をアップしていきます。

スポンサーリンク

[速報]ヴィッセル神戸対柏レイソル スタメン

[ヴィッセル神戸] フォーメション:4−3−3
先発
GK 18 キム・スンギュ
DF 24 三原雅俊
DF 25 大崎玲央
DF 3 渡部博文
DF 30 ティーラトン
MF 7 三田啓貴
MF 14 藤田直之
MF 8 アンドレス・イニエスタ
FW 20 増山朝陽
FW 17 ウェリントン
FW 27 郷家友太 [柏レイソル] フォーメーション:4−3−3
先発
GK 1 桐畑和繁
DF 13 小池龍太
DF 2 鎌田次郎
DF 22 パク・ジョンス
DF 6 高木利弥
MF 8 小泉慶
MF 37 細貝萌
MF 15 キム・ボギョン
FW 14 伊東純也
FW 10 江坂任
FW 9 クリスティアーノ
スポンサーリンク

【速報】 神戸 対 柏

選手入場、いよいよキックオフです。

イニエスタは4-3-3の左の中盤(左インサイドハーフ)での先発。

バルサでプレーしていたポジションです。

 

スポンサーリンク

ヴィッセル神戸 対 柏レイソル 前半中継

1分 神戸ウェリントンがイニエスタとのワンツーからファーストシュート。柏GKがキャッチ

3分 柏クリスティアーノのドリブル突破からFKを獲得。

4分 クリスティアーノのFKは壁にあたってコーナーキック。

5分 イニエスタの絶妙なトラップ

14分 ペナルティエリアの外からイニエスタがシュート。ゴール左に外れる。

21分 神戸自陣でボールを奪いイニエスタとウェリントンのカウンターからイニエスタが抜け出す。

抜け出したイニエスタは右サイドへスルーパスを出すも、DFに阻まれコーナーキック。

27分 柏 伊東純也の決定的なシュートはゴールポストに当たり惜しくもゴールならず。

33分 神戸左サイドのクロスから決定的なヘディングシュートもGKがセーブしコーナーキック

34分 神戸のコーナーキックからのこぼれきゅ球を増山が決定機なシュートもGKが体を張ってセーブ

44分      神戸自陣からイニエスタへ。イニエスタは後ろから来たボールをダイレクトで増山へゼル妙なスルーパスも、オフサイドの判定。

 

0−0で前半終了。

スポンサーリンク

前半感想

神戸はイニエスタがだいぶフィットしてきた印象が見受けられました。

ただ、イニエスタはワンツーや短いパス交換でリズムを生むプレーがバルサ時代からのスタイルですが、まだ周りの選手がそのプレーに慣れていないように感じられます。

まだフィジカルのコンディションも十分ではなさそうな感じですね。

ドリブルで仕掛けるシーンもまだ出ていませんし、球際で普段は抜け出すようなとことで奪われるシーンもありました。

しかし、ボールを受ける前に回りの状況を見る、ボールを止める、蹴る、といった部分はさすがとしかいいようがないですね。

後半も楽しみです!

 

スポンサーリンク

後半速報

46分 柏伊東純也へのスルーパスを神戸GKがキャッチするもGKとDFが衝突し両選手が倒れる

50分     イニエスタが伊藤純也を交わそうとドリブルで仕掛けた際、足が引っかかり足首を負傷。

瞬時に多くのツイートが集まっています。

53分 コーナーキックからのこぼれの後、右サイドからイニエスタの左足のクロスをウェリントンがヘディングシュート。

64分 柏のコーナーキックから江坂のヘディングシュートはゴール上に外れる

65分   神戸 左サイドを抜け出した郷家のクロスから増山が押し込み、ゴール! 1−0

70分 神戸 増山OUT→渡邉千真IN

81分 神戸イニエスタOUT→松下IN

83分 小泉OUT→山崎IN

91分 田中順也OUT→郷家IN

1-0で試合終了。神戸が勝利!

 

ヴィッセル神戸 対 柏レイソル戦 試合感想

 

柏は前半の伊藤純也のポストに当たったシュートが入っていれば、違う展開になりましたが、それ以外に決定的なチャンスがなかなか作れませんでした。

前節湘南に3失点とふがいない神戸はこの試合では非常に集中して守っていたと思います。

 

神戸は良い守備ができており、攻撃はイニエスタを中心にリズムを作ろうとしていました。

神戸は縦に速いサッカーでチャンスを作るほうが多いかもしれませんが、走ればイニエスタからボールが出てくるので、そのスタイルもより生きてくると思います。

そしてイニエスタを中心とした短いパスワークからの崩しもできるようになってくると、非常に面白いサッカーができるようになってくると思います。

 

イニエスタはまだまだコンディションは十分ではないように見られますが、リードしてからはボールに触る機会も増えてきました。

一つ一つのプレーはやはりさすがですね。

でもバルサ時代のような軽やかなプレーをもっともっと見たいと思います。

ポドルスキーの復帰も含めて今後も非常に楽しみです!

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.