物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

ワールドカップ入場曲総選挙 定番のFIFAアンセム?それとも?

 
ワールドカップ入場曲
スポンサーリンク

ロシアワールドカップで選手入場の際に流れる音楽が今までのワールドカップとは違っています。

サッカーファンなら少し違和感を感じているかもしれませんね。

入場曲は選手のモチベーションにも影響を与えることと思いますが、見ている我々ファンにとっても、これから見る試合に対する期待感を膨らませてくれる重要なものですよね。

そこで今回は、ワールドカップ入場曲について比較してみたいと思います。

スポンサーリンク

ワールドカップの入場曲といえば、やはりFIFA アンセム

多くのサッカーファンなら、ワールドカップといえばこの曲ではないでしょうか!?

明るくて品も感じられるこの曲は、ワールドカップのような檜舞台のはぴったりの音楽だと思います。

しかし、今大会のロシアワールドカップでは、この音楽は流れていません。

 

 

twitterでは、FIFAアンセムが流れていなくて残念、というツイートがいくつか見られます。

私もその一人です。

ワールドカップ=FIFAアンセム といった感じになっていますからね。

音楽ってやはり大切なものだとしみじみ感じます。

スポンサーリンク

ロシアワールドカップの入場曲は!?

 

今大会ではFIFAアンセムは流れていませんが、別の音楽に合わせて「オー オオオオーオ」と観客が合唱するのがスタイルになっているようです。

この音楽について調べたところ、”The White Stripes”というバンドの ‘Seven Nation Army’という曲のようです。

youtubeの動画がありましたので、ご覧ください。しかし、再生回数が凄いですね!

 

 

FIFAアンセムが流れていないことに違和感は感じながらも、この音楽を推す意見も出ているようです。

 

スポンサーリンク

ロシアワールドカップ入場曲 Seven Nation Army の情報まとめ

The White Stripesはデトロイトで結成された姉弟のロックバンドで、既に2011年に解散しているようです。

Seven Nation Armyは2003年3月にリリースされました。

 

そして、2006年ワールドカップドイツ大会でイタリア代表の応援歌になり、優勝を決めた選手たちがサポーターとともに大合唱したことで、サッカーの試合でも使われるようになったようです。

その後ユーロなどのUEFAの大会においても、試合前の入場曲やゴール時に流れるようになり、サッカーの試合でよく使われるようになっています。

 

スポンサーリンク

2002年日韓大会は別のアンセムを使用

2002年の日韓ワールドカップでは、過去のワールドカップとは異なる曲が使用されました。

こちらは日韓大会のみで使用されたものなので、これを聞くと16年前を思い出しますね。

とっても懐かしいですね。やっぱりサッカー好きには夢の舞台です。

 

 

皆さんはどの音楽が好きでしょうか!?

また、次回の2022年カタール大会ではどの音楽が使用されるのでしょうか!?

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.