物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

【動画あり】日本対セネガル戦の注目選手と勝利のカギは!?

2018/06/22
 
日本代表 セネガル戦 ワールドカップ
スポンサーリンク

ロシアワールドカップグループリーグH組

見事初戦のコロンビア戦に2-1で大金星をあげ勝利した日本代表!

 

次の対戦はセネガル

そのセネガルは初戦のポーランド戦では2-1で勝利を収めています。

手強い相手であることは間違いないですが、ぜひとも勝利して、

グループリーグ突破を手中に収めたいですね。

スポンサーリンク

セネガルはどんなチーム!?

対戦相手のセネガルですが、

初戦のポーランド戦を見た感じでは、やはりアフリカらしいチームという印象でしょうか。

身体能力に優れ、スピードもあり、縦に速く、

日本としては、戦いにくい相手だと思います。

 

個々の選手のスピードや突破力があるので、

個での勝負になってしまうと、

非常に苦しい試合になることが予想されます。

ただし、ワールドカップのおいて日本の対戦相手はどこも格上なので、

どのチームとの対戦においても同じではありますが...

 

スポンサーリンク

セネガルの注目選手は!?

セネガルの注目選手といえば、

何と言っても背番号10番の マネ

イングランド・プレミアリーグの強豪リバプールに所属。

エジプト代表のサラー、

ブラジル代表のフィルミーノと超強力3トップを形成し、

今シーズンはUEFAチャンピオンズリーグでも準優勝とリバプールの大躍進に貢献しました!

この3選手は今シーズンのチャンピオンズリーグでは、3人とも10点をあげ、

クリスティアーノ・ロナウドの15得点に次ぐ2位タイ

という凄い記録を残しています!

 

プレミアリーグでは29試合に出場し、

10得点をあげています。(得点ランキング16位)

プレミアリーグで4季連続2桁得点をあげている、非常に得点力の高い選手なのです!

ちなみに、レスターに所属する岡崎選手は

27試合出場で6ゴールです。

 

マネは個人でのドリブル突破が持ち味の選手。

ドリブルのコース取りがうまく、

スピードにのった状態では、スペースをボールを運ぶのがうまい上、

細かなタッチで相手を交わす技術も高いので、非常に恐い選手です。

タメも作れるので、

セネガル選手が駆け上がり、攻撃の人数を増やす時間を作ってきます。

マネのプレー集はこちら↓

7:45あたりからマネのプレー集となっています

 

スポンサーリンク

セネガル戦の日本の戦い方は!?

日本がセネガル戦に勝利するためのポイントを、幾つかあげてみたいと思います。

ポイントは、カウンターの機会を作らせない! 

が最重要かと予想しています!

 

先制点は絶対に与えない

セネガルは縦へのスピードがあるチームなので、カウンターの機会を作らないことが重要です。

先制されてしまうと、日本はリスクを負ってでも点を取りに行くしかなくなりますので、

そうなると不用意なミスから相手にカウンターのチャンスを与えてしまい、

スペースを自由に使われてしまう機会が増えますので、

まずは守備からしっかりと試合に入り、コンパクトでアグレッシブな守備からリズムを作っていくことがカギだと思います!

 

選手個々のコンパクトな距離感

セネガル選手はスペースを与えると個々のスピードや突破力が生きてきますので、

日本は攻撃でも守備でも個々の距離感(ポジショニング)が重要になってくると思います。

攻撃においては香川、柴崎、乾などがよい距離感、位置関係を保ち、

少ないタッチでリズムよくボールを動かすことができれば、相手のバランスを崩し、チャンスに持ち込めるはずです!

とにかく少ないタッチでリズムよくボールを動かす為のポジショニング・距離感が重要になってくると予想しています。

コロンビア戦では、香川のポジショニングがFW の位置に近く、中盤のスペースを活かしきれていない様な見られました。

香川が中盤と相手ディフェンスラインの間のスペースで前を向いてボールを受けられれば、

必然的にチャンスは生まれるはずです!

タフな運動量

世界と戦う上で、個々で勝れない日本は、

とにかく攻守において運動量を増やすしかありません!

いかに攻守において数的優位を作るか、

仮にカウンターを受けてもいかに必死に戻るか、

それが勝利のカギでしょう!

コロンビア戦では大迫、乾、香川、原口といった前線の選手も非常に運動量豊富にタフに

動いていました。

それをセネガル戦でも継続するとともに、

岡崎や武藤、山口、大島といった選手の投入の選択とタイミングも重要になってくるのではないでしょうか!?

大きなミスをしない

コロンビア戦では失点位繋がるような、致命的な大きなミスはありませんでした。

ただし、簡単なパスミスなどはところどころで目立っていたと思います。

ポーランド対セネガル戦でも、セネガルの2点目はポーランドのバックパスのミスから生まれたものでした。

セネガル戦においては、ゴールキーパーやディフェンダーの軽率なミスは絶対に避けなければなりません。

また、バックパスや横パスのミスは相手のカウンターに直結しますので、

角度をつけたボールのもらい方など、ボールを回す際の受け方も重要ですね。

 

 

以上簡単にセネガル戦の勝利のカギをまとめました。

日本対セネガル戦は6/24(日)24時キックオフです!

テレビ中継は、日本テレビ系列/NHK BS1

グループリーグ突破に向け、セネガル戦も応援しましょう!!

 

その他の記事はこちら↓

W杯サッカーコロンビア戦 勝利の要因は!?

ロシアW杯 サムライブルーのユニフォームを着て日本を応援しよう!

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.