物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

ボクシング山根明会長 不正の処分・真実や日大理事長との関係は!?

 
スポンサーリンク

日本ボクシング連盟(山根明会長)が、アスリート助成金を不正流用するなどした疑いがあるとして告発されました。

都道府県連盟の会長や理事長、歴代五輪代表選手ら333人が日本オリンピック委員会(JOC)などに告発状を送ったとのこと。

また、試合用グローブなどの不透明な独占販売の疑いも告発状で指摘されていることが30日、関係者への取材で分かり、独占販売していた販売店の振込先口座は、山根会長の親族らの名義だったとのことです。

 

さらに、山根会長はアメフトタックル問題で話題になっている日大理事長との関係もあるようなのです!

気になる山根会長の処分や日大理事長との関係ついて調べていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

村田諒太選手もコメントを投稿

このニュースに対し、WBA世界ミドル級王者の村田諒太選手がフェイスブックで山根会長を批判するコメントを発表しました。

助成金を受け取った成松選手をかばうコメントとともに山根会長に対しては、「そろそろ潔くやめましょう」と投稿しています。

 

 

村田選手のような現役で有名なボクサーが声明を発表するのは重みがありますが、この声が届くことはあるのでしょうか!?

そして、今後山根会長にはどのような処分が下されるのでしょうか!?

 

 

スポンサーリンク

山根明会長の処分は?

山根明会長の処分は今のところ決まっていません。

どのような処分が下されるのでしょうか!?

というか、JOCは処分を下すことはできるのでしょうか!?

 

スポンサーリンク

日大理事長との関係は!?

日本ボクシング連盟の山根明会長は2018年4月に日大の客員教授となったばかりだったようです。

危機管理学部の特任教授で田中理事長との懇意とのことなのです!

 

 

それにしても、インパクトというか威圧感が半端ないツーショットですよね!

 

スポンサーリンク

日本ボクシング連盟は反論声明

 

日本ボクシング連盟は、この告発に対して「事実と異なる部分が多い」ホームページで反論しています。

一部抜粋

「告発状記載の事実関係については、事実と異なる部分が多くあり、そのため、一連のマスメディアにおける報道も、正しい事実関係を反映しているとは言えません。

今後は告発状に対するJOC等の判断を待って、当連盟としての方針、対策を講じていく所存です。

なお、既に告発状が提出されております。従いまして、同手続に与える影響を鑑み、今後、具体的な説明については、専ら、告発手続の中で行っていくことになりますので、その旨ご容赦下さい。

 

どこが事実関係と異なるのかの具体的な指摘が無いようです。

真相は今後どこまで明らかになるのか分かりませんが333人の告発状はちょっと尋常じゃないですよね...

 

相撲の八百長や柔道のパワハラ問題、アメフトのタックル問題など、スポーツ界の協会・組織にも様々な問題が絶えないですね。

 

今後の真相究明や山根会長の処分に注目したいと思います。

Comment

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.