物流センター所長の、仕事とサッカーとアウトドアのブログ

ヤマト/佐川 西日本豪雨による配送遅れなどの状況は?(7/9 時点)

2018/07/10
 
スポンサーリンク

西日本を中心とした豪雨被害は、毎日新聞の情報では、9日午後0時半現在、13府県で105人が死亡、87人の安否が不明となっており、被害の全容は分かっていない状況です。

数十年に1度の大雨災害に気象庁が最大級の警戒を呼びかける「大雨特別警報」は8日午後までに全て解除されましたが、各地で救助活動が続く一方、地盤の緩みなどから今後も土砂災害への厳重な警戒が必要な状況です。

 

また、それにより物流への影響が出ており、ヤマト運輸や佐川急便などの配送も遅延や一部地域で集配停止などの状況となっています。

ヤマト/佐川の集荷・配達の状況をまとめてみました。

スポンサーリンク

ヤマト運輸の集配状況 7/9 14時時点

ヤマト運輸はホームページにて以下の通り発表しています。

お客様各位

いつもヤマト運輸をご利用いただきまして、ありがとうございます。

西日本を中心とした大雨の影響により、全国から下記の地域にお届けする荷物、および下記の地域から全国に発送する荷物の荷受けを停止いたします。

また、高速道路の通行止めなどの交通障害の影響で、全国的にお荷物のお届けに遅延が生じております。なお、社員の安全確保の観点から、集配を見合わせる場合がございます。

お客様にはご迷惑をお掛けいたしますが、何とぞご了承いただきますようお願い申し上げます。

なお、荷受けの停止する地域等に関する次回のお知らせは、7月10日(火)10時頃を予定しております。

被害の大きかったエリアでは、ヤマトの影響後も被害を受けている地域もあるかもしれません。

また、高速道路の通行止め、トラック自体の被害などにより、西日本や九州方面に向かったトラックが戻ってきておらず、東日本エリアからの発送に影響を与えていたりと、物流にも大きな影響を及ぼしているようです。

 

集荷・配達停止エリアも発生しており、京都/岡山/広島/島根/山口/愛媛の一部地域が集配不可となっています。

また、広島県、島根県、山口県全域ではクール便の集配が停止しています。

ヤマト運輸ホームページはこちら

 

スポンサーリンク

佐川急便の集配状況 7/9 (月)  9時時点

佐川急便もホームページで以下の通り発表しています。

大雨による集荷・配達への影響について(7月9日9時現在)

お客さま各位

いつも佐川急便をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
西日本を中心とした大雨の影響により現在、以下の地域で集配不能となっております。

お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

集配不能エリア

  • 香川県:坂出市(王越町、府中町)
  • 愛媛県:今治市(大三島町、上浦町、吉海町、宮窪町、伯方町、岩城、弓削、生名、菊間町川之内、西山、玉川町葛谷)、大洲市、八幡浜市、喜多郡、西宇和郡、北宇和郡、越智郡、上浮穴郡(久万町)
  • 高知県:安芸市、安芸郡、幡多郡(大月町、三原村)
  • 徳島県:三好市(東祖谷、西祖谷、山城町)
  • 広島県:広島市東区(馬木町、福田町、上温品町)、南区(向洋町、青崎町、丹那町、堀越町、山城町、日宇那町、金山町、北大河町、南大河町)、安芸区、安佐北区(口田南、白木町)、呉市(音戸町、倉橋町、警固屋町、宮原、上長迫、長迫、的場、見晴、天応、吉浦、仁方、川尻、安浦、蒲刈、豊町、阿賀北、阿賀南、上畑、平原、上平原、西城)、江田島市、大竹市(栗谷)、東広島市(河内町、安芸津町、豊栄町、福富町、高屋町)、福山市(駅家町、山守、向長谷、芦田町、柞磨、相方)、尾道市(御調町)、三原市(本郷、船木)、竹原市(西野、東野、田万里)、府中市(土生、栗柄、父石、荒谷、上下、河佐、河南、三郎、河面)、安芸郡、世羅郡
  • 岡山県:倉敷市(真備町、玉島、新田)、高梁市、新見市、総社市(下原、福谷、原、種井、宇山、欅)、井原市(美星町)、笠岡市(神島町)、真庭市(鉄山、栗谷、種)、苫田郡鏡野町(富、奥津、上斎原村)、加賀郡
  • 島根県:江津市(松川町、川平町、桜江町川戸、桜江町谷住郷、桜江町日貫)、邑智郡(川本町、美郷町、邑南町)

その他の地域においても、天候や道路状況により遅延が発生する可能性がございます。予めご了承ください。

なお、集荷・配達の詳細状況につきましては、担当営業所にお問い合わせください。

 

また、佐川急便は九州全域向けの常温貨物の荷受けを停止しています。

西日本災害により、九州からの幹線輸送のトラックが十分に戻ってきておらず、東日本発の荷物を積むトラックが非常に不足しているとの事。

※クール(冷蔵)便は通常運行しており、常温貨物についても航空便は運行している様で、佐川急便に問い合わせた際も航空便を勧めていました。

九州地方向けの荷受け一時中止について

お客さま各位

九州地方向けの荷受け一時中止について

いつも佐川急便をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
西日本エリアを中心に大雨の影響により現在、広範囲で集配不能や配達遅延が発生しております。
これに伴い東日本エリア(関東地方、北陸地方、東海地方、信越地方、東北地方、北海道地方)から以下の地域向けの荷受けを回復の目途が立つまで一時中止させていただきます。

お客さまには大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

なお、飛脚航空便および飛脚クール便は通常通り受付いたします。

■荷受け一時中止エリア

・東日本エリア(関東、北陸、東海、信越、東北、北海道) ⇒ 九州地方全域宛の荷物

 

スポンサーリンク

現在の状況で心掛けたい対応

上記の通り、物流に停止・遅れが出ている状況で、何を気を付ければよいのでしょうか!?

 

2つ言える事とすれば、

・急ぎでない限り、状況が落ち着くのを待つ

・どうしても急ぐ場合は、航空便を使う、運賃は高めですが佐川であればクール便を使うなどで対応する

という事でしょうか。

 

今回の豪雨で、これほどまでの被害は誰も予想していなかったと思います。

未だに土砂崩れなどの警戒も必要な状況で、今急ぐべきは負傷者の救出や、復旧活動、必要な支援物資の供給などだと思います。

支援物資の供給が少しでもスムーズに進むためにも、道路の混雑解消やトラックの確保などが必要な状況ですので、我々にもできる事を考えてきたいと思います。

 

▼7/10時点の最新情報をまとめた記事もありますのでご覧ください。

ヤマト/佐川 配送遅れは!?西日本豪雨の影響(7/10時点)

 

ボランティアなども今後必要になっていくと思います。

ボランティアや募金についての記事はこちらをご覧いただければと思います。

東日本豪雨の被災地支援 正しい募金とボランティア

 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© やなぎ ブログ , 2018 All Rights Reserved.